外壁塗装/ガイナ塗装の事なら日神塗装工業へ

お見積り・お問合わせ
お問合せ042-450-6545

塗装工程 塗り替え現場と作業の流れ

01足場架設・養生

工事が始まる前には、ご近所様にご不便・ご迷惑をおかけするので、ご挨拶に伺います。そして足場を組んで安全な現場を作る作業を行います。塗料が飛び散ってまわりが汚れないように、発散防止ネットを張ります。車や植木などには特に念入りに養生したり、移動していただいたりします。

02高圧洗浄・下地補修

外壁や屋根の塗装面に付着した、ほこり・汚れ・藻・こけ・かび等の汚れを高圧洗浄で落とし、塗料の密着性を高めます。外壁の不具合箇所を工具で除去したあと、必要な場所にシーリング処理をします。また劣化・ヒビ割れなどが発生している塗装面の補修を行います。

03屋根塗装

屋根は紫外線や雨風の影響を最も受けやすい場所です。
屋根にも色々な種類があり、耐用年数も違います。屋根の種類に応じて特殊な処理や重ね塗りなど、特に配慮が必要になります。色むらが出てこないように、きめ細かく丁寧に塗り重ねていきます。

04外壁塗装

下地を綺麗にし補修が終わったら、外壁塗装が始まります。
まず下塗りを隅々まで塗装し、中塗り・上塗りの3回塗りの3層仕上げをおこないます。ガン吹きまたは手塗り(ローラー)で丁寧に塗り上げていき、見えない部分は手作業で丁寧に塗装していきます。

04鉄部・木部塗装

外壁・鉄部・木部などには、さまざまな素材が使われています。
素材が違えば下塗りや前処理が替わってきます。鉄部には、サビや旧塗膜などを落とした後、サビ止め塗料で下塗りをし、上塗りをしていきます。木部はサンドペーパーで目粗しを行なった後、塗装を仕上げていきます。

05最終確認

足場を解体する前に、最終確認で塗装面を入念にチェックします。
念入りに作業しているつもりでも、塗料の飛び散りや、はみだし、塗り残しなどを発見することもあります。 その場合は手直しを加え、最後までぬかりなく綺麗に仕上げます。

07足場解体

塗装作業、最終確認が終了したら、次は足場の解体をします。周囲の安全をしっかり確認し、足場、飛散防止ネットの撤去作業を行います。 塗り替え後の綺麗な外装がいよいよ見られる瞬間でもあります。

08引渡し

周辺の清掃をし、塗装作業は終了です。作業時に出たゴミは全て持ち帰ります。
アフターフォローに対する質問や気になる点があればご相談下さい。